So-net無料ブログ作成
検索選択

副業を始める場合の注意点

給料は上がらないし、残業代も宛てにならないここ最近の景気では、何とかして副収入を得たいと考えても不思議ではありませんね。
しかし現実には景気はドン底状態で、中々割りの良いバイトはないし、むしろ副業そのものの選択肢が狭まっているようですし、例えバイトを見つけたとしても、こんなご時世にも関わらず、本業での制約もあって中々副業を得るまでに至らないのが現実です。

副業を始める場合に最も注意をしたいのが、本業での制約がありますが、これらは言わずと知れた「会社就業規則」や「地方・国家公務員法」などで副業などを制約している点です。
副業の内容にもよりますが、実際に副業が発覚して会社をクビになったり懲戒処分を受けたケースもありますので、副業を始める前には必ず、自社の就業規則等の確認をした上で、できれば総務担当に事前に相談して副業を始めるのがよいでしょう。
公務員の場合は「問答無用」的に法律で規制されていますので、通常の場合ではまず副業が発覚した段階で何らかのお咎めがあるものと思っておくことです。

世の中景気が厳しく生活が苦しいので、なんとしても副収入を得たいのはやまやまですが、本業に支障をきたすようでは元も子もありませんので、この点は重々注意して副業を考える必要があります。
しかし実際には無届で副業を行っている方も多く、大抵の場合は会社側も見てみぬふりをしてくれますが、副業により本業へのしわ寄せが出たり、副業での収入が著しく高くなった場合などは、税務深刻の場合にバレることも覚悟する必要があるでしょう。
副業を始めたい気持ちは分かりますが、本業えの支障をきたす事が無いように、十分注意をした上で副業を始めることが大切です。
参考サイト:副業なんでも情報局アルバイト情報の便利屋さん

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。